人生は野菜スープ~usamimi hawkrose diary

元雑誌フリーライター。勝手気儘に音楽、映画、現代詩、自炊などについて書いています。

ジョン・コルトレーン John Coltrane - コルトレーン Coltrane (Prestige, 1957)

ジョン・コルトレーン - コルトレーン (Prestige, 1957)

f:id:hawkrose:20200729203239j:plain
ジョン・コルトレーン John Coltrane - コルトレーン Coltrane (Prestige, 1957) Full Album : https://www.youtube.com/playlist?list=PLvTlLwkT-KCsICE9mg8-RN2NdBr4718fK
Recorded at The Van Gelder Studio, Hackensack, May 31, 1957
Released by Prestige Records Prestige 7105, late 1957

(Side A)

A1. Bakai (Calvin Massey) - 8:44
A2. Violets for Your Furs (Tom Adair, Matt Dennis) - 6:18
A3. Time Was (Gabriel Luna de la Fuente, Paz Miguel Prado, Bob Russell) - 7:31

(Side B)

B1. Straight Street (John Coltrane) - 6:21
B2. While My Lady Sleeps (Gus Kahn, Bronislau Kaper) - 4:44
B3. Chronic Blues (John Coltrane) - 8:12

[ Personnel ]

John Coltrane - tenor saxophone
Johnnie Splawn - trumpet on "Bakai" "Straight Street" "While My Lady Sleeps" "Chronic Blues"
Sahib Shihab - baritone saxophone on "Bakai" "Straight Street" "Chronic Blues"
Red Garland - piano on side one
Mal Waldron - piano on side two
Paul Chambers - bass
Albert "Tootie" Heath - drums

(Original Prestige "Coltrane" LP Liner Cover & Side A Label)

f:id:hawkrose:20200729203254j:plain
f:id:hawkrose:20200729203311j:plain
 ジョン・コルトレーン(テナーサックス、ソプラノサックス・1926-1967)がマイルス・デイヴィスクインテットのメンバーとして注目された1956年にはもう30歳目前、マイルスのバンド・メンバーを勤めながら自己名義のアルバムを作り始めて、30代半ばでようやく自分のバンドを作って独立しましたが41歳の誕生日を迎える前に亡くなっています。生前に制作した自己名義のアルバムは実質10年間で45作あまりがあり、発掘ライヴや他のアーティストのアルバムへの参加作を含めるとアルバム総数はその3倍にもなります。コルトレーンマイルス・デイヴィス(トランペット・1926-1991)は同じ年生まれでしたが、マイルスはチャーリー・パーカー(アルトサックス・1920-1955)がディジー・ガレスピー(トランペット・1917-1993)との双頭バンドを解消した1945年に弱冠18歳でガレスピーの後任にパーカーのバンドに加入した早熟なキャリアがあり、1948年から1951年にかけては後にアルバム『Birth of the Cool』や『Dig』にまとめられるリーダー(自己名義)作品を発表していました。一方コルトレーンは1946年に兵役を除隊した後R&Bのバンドを経て1949年にディジー・ガレスピーのビッグバンドに加入し、翌1950年にガレスピーのビッグバンドが小規模バンド(リズム・セクションは後にMJQを結成し、ケニー・バレルミルト・ジャクソンも在籍中でした)に再編された時もガレスピー以外の唯一のホーン奏者に再雇用されていましたが、この時期のガレスピーのバンドは後のスター・プレイヤー揃いにもかかわらずメンバーは注目されず、コルトレーン在籍時の録音もLP片面分程度しか残されませんでした。ガレスピーのラテン・ジャズの名曲「Tin Tin Deo」の初録音はコルトレーン在籍時のガレスピー・セプテットでしたが、これがMJQ+ケニー・バレルジョン・コルトレーンという豪華メンバーの録音だったのはほとんど見過ごされています。

 マイルスが満を持して初のレギュラー・クインテットを結成した1955年、マイルスはすでにニューヨークのジャズ界の最重要ミュージシャンでしたが、コルトレーンは群小のR&Bバンドを転々としていた無名に近い二流テナー奏者と思われていました。マイルスが第1候補にしていたテナー奏者のソニー・ロリンズは1930年生まれでしたがすでに巨匠に足をかけており、コルトレーンはロリンズより4歳も年長ながら比較にならない程度の認知度しかなかったのです。実際、コルトレーンは早熟の天才と言えるタイプではありませんでした。しかしそれを言えば、マイルスもパーカーやガレスピーのような天才の薫陶を受けて急成長したタイプで必ずしも天才型とは言えず、ガレスピーのバンド出身とはいえコルトレーン在籍時のガレスピーのバンドはビ・バップ全盛期の'40年代のような過激なサウンドからもっとR&Bに近いサウンドに転換していた時期でした。

 マイルス・デイヴィスは1951年以来プレスティッジ・レコーズと専属契約していましたが、1956年には年内でプレスティッジとの契約を満了して全米最大手のレコード会社のひとつ、コロンビアへの移籍が決定していました。そこで1956年にはプレスティッジとの契約満了のために2回のセッションだけでアルバム4枚分を録音しています。いわゆる「~ing」4部作と言われる『Workin'』『Steamin'』『Relaxin'』『Cookin'』の4枚がそれで、ノルマを終えたマイルスはコロンビアへの第1作『'Round About Midnight』1957をさっさと完成させました。一方マイルス・クインテットのメンバーのうちコルトレーンレッド・ガーランド(ピアノ)、ポール・チェンバース(ベース)はマイルスのバンドとプレスティッジとのソロ契約を継続しました。ドラマーのフィリー・ジョー・ジョーンズはプレスティッジと反りが合わず短期間でリヴァーサイド・レコーズに移籍しています。この時期のマイルス・クインテットの「John Paul Jones」というコルトレーン提供のオリジナル・ブルースはコルトレーンがチェンバース、ジョーンズとセッション中にできたナンバーで、三人のファースト・ネームからタイトルが採られたものです。

 マイルスはバンドをトータルでコントロールするのがうまいリーダーで、パーカーやガレスピーのような天才ソロイストではないからと本人も謙遜しましたが、ソロイストとしてもマイルスの表現力の広さと深さは抜群でした。マイルスはパーカーやガレスピーがバンド運営の問題で長らく試行錯誤を重ねているのを間近で見てきたので、音楽的な完成図を設定した上でメンバーに一定の制約を設けてバンドの音楽の質を高い水準で安定させるセルフ・プロデュース力に発想を切り替えました。パーカーとガレスピーのビ・バップはソロイストを解放した音楽でしたが、そこに目をつけてビ・バップのアルバムは、サヴォイやプレスティッジのようなインディー・レーベルではメンバーを集めて適当にセッションさせそのままレコード化してしまうという安易な企画が多かったのです。ビ・バップのインディー・レーベルの乱立には制作が安直で済むからという背景がありました。

 コルトレーンはアンサンブル指向のマイルスに較べると断然ソロイスト型のミュージシャンでしたが、一般的には金管楽器木管楽器の特性に基づく相違とも言えます。マイルスのバンドでコルトレーンの先任サックス奏者だったソニー・ロリンズ(テナーサックス)やジャッキー・マクリーン(アルトサックス)はむしろコルトレーンより奔放なプレイヤーだったほどですが、マクリーンはチャールズ・ミンガスのバンドで絞られたりジャズ・メッセンジャーズ音楽監督に起用されたりとバンドのサウンドとソロイスト指向のバランスの取れるジャズマンになり、他方ロリンズはマックス・ローチケニー・ドーハムら有能なリーダーと組んでも自分のアルバムでは相変わらずやりたい放題というタイプでした。コルトレーンはマクリーンやロリンズの在籍時よりもマイルス自身のプロデュース力が向上した時期から加入したこともあり、マイルスの影響を素直に吸収して短期間でテナー奏者としても、トータルなミュージシャンとしても急成長をとげています。マイルスとコルトレーンの師弟関係は迂回した屈折を経たものでしたが、結果的にはこれほど理想的な影響関係はそう多くは見られないほどの成果を上げました。

 このアルバムの前にコルトレーンには1957年5月日17日録音の『Cattin' with Coltrane and Quinichette』という、先輩テナー奏者ポール・キニシェとの共演作品を録音していますが、内容はジャムセッション的アルバムであり、発売もコルトレーンがアトランティック・レコーズに移籍した後の1959年秋まで遅れています。ジャケットのレーベル・マーク下にも「テナーサックスのニュー・スター」と謳った本作こそがコルトレーンにとっても、珍しいことですがプレスティッジにとっても、念入りに準備された初リーダー作になりました。A面のピアノにレッド・ガーランド、B面ではマル・ウォルドロンと1日のレコーディングに2人のピアニストを呼び、トランペットのジョニー・スプロウンとバリトンサックスのサハビ・シハブも半数の曲のためだけに呼ばれています。残り半数はコルトレーンのワンホーンか、B2のようにエンド・テーマだけトランペットが重なる程度で、1回のセッションでアルバム2枚分を同一メンバーで作ってしまうのが通例のプレスティッジにとっては通常の4枚分の人件費をかけています。そしてこれは、新人サックス奏者の初リーダー作としては後のコルトレーンの盟友エリック・ドルフィー(アルトサックス・1928-1964)の『Outward Bound』1961に匹敵する最高水準のデビュー作になりました。

 アルバムの制作は実際にはまずマル・ウォルドロンのピアノでB1、B2、B3が録音され、ピアノがガーランドに交替してA1、A2、A3、そしてスタンダードの「I Hear Rhapsody」が録音されています。「I Hear Rhapsody」は予備曲だったので後のアルバム『Lush Life』に収録されました。A面・B面とも1曲目に強烈なオリジナル(A1はコルトレーンの友人の書き下ろし提供曲、タイトルはアラビア語で「Cry」を意味し、黒人リンチ殺人事件を受けて作曲されたもの)を置き、重厚な3管アレンジで聴かせます。AB面とも2曲目はスタンダードのバラードでA2はコルトレーンの本作の名演によってシナトラのレパートリーからモダン・ジャズ・スタンダードになり、B2はマイルス・クインテットのメンバー就任当初から手癖のように引用フレーズにしてきた愛奏曲でした。A3はラテン・ビートの原曲をストレートな4ビートのスウィンガーにしてコルトレーンのワンホーンで飛ばし、B3はオリジナル・ブルースを3管のソロ・リレーで奏でるハード・バップ曲です。チェンバースはさすがでA3の小粋なベース・ソロは絶好調、アルバート・ヒースのドラムスはやや軽いのですが野趣に富むフィリー・ジョーや鋭角的なロイ・ヘインズ、堅実なアート・テイラー(他に呼ばれるとしたらこの3人のうち誰かだったでしょう)よりこのアルバムには合っています。メンバーは全員コルトレーンとは公私とも親友といえる仲だっただけあり、精神的な共感が通っているのが演奏からも伝わってきます。ですがどこか、このアルバムには作為的なところが感じられます。それはドルフィーのデビュー作には感じられないものです。この違いはどこから来るのでしょうか。

 この『Coltrane』とドルフィーの『Outward Bound』とは最高水準のデビュー作としては似ていますが、『Outward Bound』はそのままレギュラーのライヴ・バンドでやっていけそうな造りでした。曲ごとに編成を使い分けている『Coltrane』は顔ぶれに絶妙な必然性があるにもかかわらずレギュラー・バンドにはなり得ない一回性の産物の観があり、プレスティッジ時代のコルトレーンは単独リーダー作だけでも1957年と1958年の2年間で12枚ものアルバムを録音したのにレギュラー・メンバーはついに持てませんでした。それはプレスティッジの方針から来る制約でもあり、コルトレーンにも意中のメンバーはいましたがアトランティックに移籍する1959年まで機会を待っていました。この『Coltrane』の出来映えと可能性は、残り1ダースものプレスティッジのアルバムを飛ばして(ブルー・ノートへのワンショット契約作品『Blue Trane』を途中経過として)アトランティック移籍後に開花すると言えます。その後のインパルス移籍後の時代も含めて、創造性の萌芽のすべてをこのデビュー作に込めただけに、本作はライヴ感の面はやや犠牲にした総花的な造りになったように思えます。