人生は野菜スープ~usamimi hawkrose diary

元雑誌フリーライター。勝手気儘に音楽、映画、現代詩、自炊などについて書いています。

スパゲッティを素で食べる

イメージ 1

 市販のレトルトソース(キノコ入りナポリタン、バジルと粉チーズのトッピングつき)を和える。これは当然たっぷり具だくさんで美味しそうに見える。だが市販のスパゲッティ用ソース類の買い置きがなくなってしまい、月末なので財布も引き締めたいとしたらどうするか?粉チーズも切らしているが、幸いスパゲッティの麺だけは残りがある。

イメージ 2

 学校給食風トマトケチャップ炒め。粉末ガーリックと胡椒を少々。これでスライスしたタマネギとハムが入り、粉チーズをかければ少しは和風ナポリタンぽいのだが(喫茶店メニューだとピーマンの輪切り、茹でグリーンピースも入る)、そうした具材は一切ない。皿1杯くらいは飽きずに食べられるのだが(この調理法だとトマトケチャップはずいぶん甘くなる)、なにしろ具がないのでお弁当のつけあわせ、という感じは拭えない。

イメージ 3

 そこで今度は塩胡椒ガーリック炒めにしてみた。緑色の粉末をかけてあるが、バジルではなく青海苔でございます。青海苔がスパゲッティに合うのかどうかはチャレンジだったが、塩胡椒ガーリックといえばポテトチップスの基本だしポテトチップスに青海苔というのは普通にある。ソース味(ヤキソバやお好み焼き)に使うと青海苔はいかにも海苔っぽい風味がするが、塩胡椒ガーリックと合わせると香草の役目になると発見した。ただし軍配はトマトケチャップ炒めに上がる。塩胡椒ガーリック炒めは味が単調にすぎる。

イメージ 4

 締めはスパゲッティのコールスローサラダで、麺も茹で時間4分の細麺だが、見た目は写真ではほとんど塩胡椒ガーリック炒めスパゲッティと大差のないものになってしまった。コールスロードレッシングはマヨネーズと酢、塩胡椒を和えて代用したが、せめてキュウリかキャベツ、ハムでも入っていたら良かった(青海苔はふりかけたが)。しかし今回のお題はスパゲッティを「素で食べる」ことなのでお題にはかなっている。意外なことだがトマトケチャップ炒めと塩胡椒ガーリック炒めは1食分に茹で時間8分の中太麺100グラムを使っているのに、このコールスローサラダ麺は1食50グラムしか使っていない。調理方法でヴォリューム感にどれだけ差が出るかがわかる。だからどうしたと言えばそれまでだが。