人生は野菜スープ~usamimi hawkrose diary

元雑誌フリーライター。勝手気儘に音楽、映画、現代詩、自炊などについて書いています。

読書感想文・その他文学

金子光晴「おっとせい」「洗面器」(詩集『鮫』昭和12年・詩集『女たちへのエレジー』昭和24年より)

(金子光晴明治28年=1895年生~昭和50年=1975年没>) 金子光晴詩集『鮫』人民社・昭和12年8月=1937年刊 おっとせい 金子光晴 一 そのいきの臭えこと。 口からむんと蒸れる、 そのせなかがぬれて、はか穴のふちのやうにぬらぬらしていること。 虚無をおぼえる…

室生犀星「舌」(詩集『昨日いらつしつて下さい』昭和34年=1959年8月刊より)

(室生犀星明治22年=1889年生~昭和37年=1962年没>) 舌 室生犀星 みづうみなぞ眼にはいらない、 景色は耳の上に つぶれゆがんでゐる、 舌といふものは おさかなみたいね、 好きなやうに泳ぐわね。(「婦人公論」昭和30年=1955年5月号、エッセイ集『続女ひと』…

中西梅花「出放題」(『新體梅花詩集』明治24年=1891年刊より)

『新體梅花詩集』明治24年(1891年)3月10日・博文館刊。 四六判・序文22頁、目次4頁、本文104頁、跋2頁。(ダストジャケット・本体表紙) 日本の現代詩の起点は北村透谷(明治元年=1868年生~明治27年=1894年)5月16日縊死自殺・享年25歳)の存在が真っ先に上げ…

氷見敦子「消滅してゆくからだ」(『氷見敦子詩集』昭和61年=1986年刊より)

(氷見敦子) 『氷見敦子全集』思潮社・平成3年=1991年10月6日刊 消滅してゆくからだ 氷見敦子 眠りについた男の腕のなかから 昨日よりもさらに深い夢の奥へ入っていく その女のからだが水の通路になっていて 水音が聞こえる、どこかで 水道の蛇口が大きく開…

祝算之助「町医」(詩集『島』昭和22年=1947年刊より)

*町 医 祝 算之助 夜とともに、町医者はやつてきた。家来をつれて。その家来は、たぶん同じ猟ずきな仲間ででもあろう。 ちいさな部屋のなかは、黄いろい絵具が、べたべたちらかっている。私はどのようにも、片ずけきれないのだ。 そのまんなかに、金魚(きん…

二つの「道程」~高村光太郎「道程」(大正3年=1914年)

(明治44年=1911年・28歳の高村光太郎) 詩集 道程 (抒情詩社・大正3年10月25日刊) 「道 程」 高 村 光 太 郎 僕の前に道はない 僕の後ろに道は出来る ああ、自然よ 父よ 僕を一人立ちにした広大な父よ 僕から目を離さないで守る事をせよ 常に父の気魄を僕に…

高村光太郎「母をおもふ」(昭和2年=1927年)

(岩手移住時代の高村光太郎) 母をおもふ 高村光太郎 夜中に目をさましてかじりついた あのむつとするふところの中のお乳。「阿父(おとう)さんと阿母(おかあ)さんとどつちが好き」と 夕暮の背中の上でよくきかれたあの路次口。鑿(のみ)で怪我をしたおれのうし…

小野十三郎「蓮のうてな」( 詩集『拒絶の木』昭和49年=1974年刊より)

[ 小野十三郎(1903-1996)近影、創元社『全詩集大成・現代日本詩人全集10』昭和29年('54年)12月刊より ] 詩集『拒絶の木』思潮社・昭和49年(1974年)5月1日刊 昭和50年(1975年)2月・読売文学賞受賞 『小野十三郎著作集』第二巻・筑摩書房(平成2年=1990年12月…

ゴッドフリート・ベン詩集『死体検死所 (モルグ)』(1912年刊)より

ゴッドフリート・ベン詩集『死体検死所(モルグ)とその他の詩』Morgue und andere Gedichte (上から1924年再版・1912年3月初版本・2017年最新普及版) 死体検死所(モルグ)・I~V I・小さなえぞぎく(アスター) 溺死したビールの運送屋の男が解剖机に持ち上げら…

西脇順三郎「最終講義」(詩集『豊饒の女神』昭37年より)

詩集『豊饒の女神』思潮社・昭和37年8月1日刊 慶應大学退官後の西脇順三郎(「別れの花瓶に/追放人のエジプト人の頭がうつる/この長頭形の白雲の悲しみ」) ヤフーブログ最終更新日は西脇順三郎(1894-1982)の68歳時の名詩で締めることにします。西脇はイギリス…

日本一のブラック企業

アメリカのSF作家シリル・M・コーンブルース(1923-1958)に、ギャング(マフィア)組織(Syndicate)が国家を統治するパラレルワールドの現代(20世紀中葉)アメリカを描いた風刺ユートピアSF長編『シンディック(The Syndic)』'53(翻訳・サンリオSF文庫)という尖鋭…

現代詩の起源/番外編・荒川洋治(1949-)の3編

[ 荒川洋治(1949-)『荒川洋治全詩集』刊行時 ] [『荒川洋治全詩集 1971-2000』思潮社・平成13年=2001年6月刊 ] ヤフーブログ毎日更新最後の現代詩は現代詩も現代詩、現役現代詩人で締めましょう。荒川洋治(1949-)は福井県生まれの詩人。12歳から地方新聞や…

現代詩の起源/番外編・山村暮鳥詩集『雲』(下)

[ 山村暮鳥遺稿詩集『雲』大正14年(1925年)1月・イデア書院刊 ] [ 晩年の山村暮鳥(1884.1.10-1924.12.8) ] 藤の花 ながながと藤の花が 深い空からぶらさがつてゐる あんまり腹がへつてゐるので わらふこともできないで それを下から見あげてゐる ゆらりとし…

現代詩の起源/番外編・山村暮鳥詩集『雲』(中)

[ 山村暮鳥遺稿詩集『雲』大正14年(1925年)1月・イデア書院刊 ] [ 晩年の山村暮鳥(1884.1.10-1924.12.8) ] 病牀の詩 朝である 一つ一つの水玉が 葉末葉末にひかつてゐる こころをこめて ああ、勿体なし そのひとつびとつよ おなじく よくよくみると その瞳(…

現代詩の起源/番外編・山村暮鳥詩集『雲』(上)

[ 山村暮鳥遺稿詩集『雲』大正14年(1925年)1月・イデア書院刊 ] [ 晩年の山村暮鳥(1884.1.10-1924.12.8) ] 雲 山村暮鳥 序 人生の大きな峠を、また一つ自分はうしろにした。十年一昔だといふ。すると自分の生れたことはもうむかしの、むかしの、むかしの、そ…

七ひき目の小やぎが助かったわけ(後)

(19世紀末のドイツ版グリム童話本挿絵より) 前回に引用した節で、谷川雁のグリム童話『おおかみと七ひきの小やぎ』についての考察エッセイ「時間の城にかくれた小やぎ」はほぼ結論までを語っています。あとに続く後段の段落は補足のようなものですが、このエ…

七ひき目の小やぎが助かったわけ(前)

(19世紀末のドイツ版グリム童話本挿絵より) これは'60年代までの政治活動家から'70年代以降には児童教育家に転じた詩人の谷川雁(1923-1995)が、昭和55年('80年)頃から主催していた「ものがたり文化の会」での討論をまとめたエッセイ集『ものがたり考』(『意…

現代詩の起源(20); 小野十三郎の詩(17) / 小野十三郎第4詩集『大阪』(昭和14年)より「城」「小事件」「赤外線風景」

[ 小野十三郎(1903-1996)、40代前半頃。] 『小野十三郎著作集』全三巻 平成2年(1990年)9月・12月・平成3年2月・筑摩書房刊、第一巻所収 小野十三郎第4詩集『詩集大阪』 昭和14年(1939年)4月16日発行 定価1円 四六判 87頁 角背フランス装 装幀・菊岡久利 城 …

現代詩の起源(20); 小野十三郎の詩(16) / 小野十三郎第4詩集『大阪』(昭和14年)より「一日」「雨季」「動物園」

[ 小野十三郎(1903-1996)、40代前半頃。] 『小野十三郎著作集』全三巻 平成2年(1990年)9月・12月・平成3年2月・筑摩書房刊、第一巻所収 小野十三郎第4詩集『詩集大阪』 昭和14年(1939年)4月16日発行 定価1円 四六判 87頁 角背フランス装 装幀・菊岡久利 一 …

現代詩の起源(20); 小野十三郎の詩(15) / 小野十三郎第4詩集『大阪』(昭和14年)より「古い春」「貨物列車」「雀」

[ 小野十三郎(1903-1996)、40代前半頃。] 『小野十三郎著作集』全三巻 平成2年(1990年)9月・12月・平成3年2月・筑摩書房刊、第一巻所収 小野十三郎第4詩集『詩集大阪』 昭和14年(1939年)4月16日発行 定価1円 四六判 87頁 角背フランス装 装幀・菊岡久利 古 …

現代詩の起源(20); 小野十三郎の詩(14) / 小野十三郎第4詩集『大阪』(昭和14年)より「北陸海岸」「焚火」「戸籍」

[ 小野十三郎(1903-1996)、40代前半頃。] 『小野十三郎著作集』全三巻 平成2年(1990年)9月・12月・平成3年2月・筑摩書房刊、第一巻所収 小野十三郎第4詩集『詩集大阪』 昭和14年(1939年)4月16日発行 定価1円 四六判 87頁 角背フランス装 装幀・菊岡久利 北 …

現代詩の起源(20); 小野十三郎の詩(13) / 小野十三郎第4詩集『大阪』(昭和14年)より「白い炎」「晩春賦」「住吉川」

[ 小野十三郎(1903-1996)、40代前半頃。] 『小野十三郎著作集』全三巻 平成2年(1990年)9月・12月・平成3年2月・筑摩書房刊、第一巻所収 小野十三郎第4詩集『詩集大阪』 昭和14年(1939年)4月16日発行 定価1円 四六判 87頁 角背フランス装 装幀・菊岡久利 白 …

現代詩の起源(20); 小野十三郎の詩(12) / 小野十三郎第4詩集『大阪』(昭和14年)より「冬の夜の詩」「初夏の安治川」

[ 小野十三郎(1903-1996)、40代前半頃。] 『小野十三郎著作集』全三巻 平成2年(1990年)9月・12月・平成3年2月・筑摩書房刊、第一巻所収 小野十三郎第4詩集『詩集大阪』 昭和14年(1939年)4月16日発行 定価1円 四六判 87頁 角背フランス装 装幀・菊岡久利 冬 …

現代詩の起源(20); 小野十三郎の詩(11) / 小野十三郎第4詩集『大阪』(昭和14年)より 「早春」「葦の地方」「明日」

[ 小野十三郎(1903-1996)、40代前半頃。] 『小野十三郎著作集』全三巻 平成2年(1990年)9月・12月・平成3年2月・筑摩書房刊、第一巻所収 小野十三郎第4詩集『詩集大阪』 昭和14年(1939年)4月16日発行 定価1円 四六判 87頁 角背フランス装 装幀・菊岡久利 早 …

現代詩の起源(20); 小野十三郎の詩(10) / 小野十三郎第3詩集『古き世界の上に』(昭和9年)より「いたるところの訣別」「家系」

[ 小野十三郎(1903-1996)、40代前半頃。] 第3詩集『古き世界の上に』 昭和9年(1934年)4月15日・解放文化聨盟出版部(植村諦聞)刊 『小野十三郎著作集』全三巻 平成2年(1990年)9月・12月・平成3年2月・筑摩書房刊、第一巻所収 い た る と こ ろ の 訣 別 俺は…

現代詩の起源(20); 小野十三郎の詩(9) / 小野十三郎第3詩集『古き世界の上に』(昭和9年)より「留守」「同伴者」

[ 小野十三郎(1903-1996)、40代前半頃。] 第3詩集『古き世界の上に』 昭和9年(1934年)4月15日・解放文化聨盟出版部(植村諦聞)刊 『小野十三郎著作集』全三巻 平成2年(1990年)9月・12月・平成3年2月・筑摩書房刊、第一巻所収 留 守 ひさしぶりにたずねていつ…

現代詩の起源(20); 小野十三郎の詩(8) / 小野十三郎第3詩集『古き世界の上に』(昭和9年)より「軍用道路」「天王寺公園」

[ 小野十三郎(1903-1996)、40代前半頃。] 第3詩集『古き世界の上に』 昭和9年(1934年)4月15日・解放文化聨盟出版部(植村諦聞)刊 『小野十三郎著作集』全三巻 平成2年(1990年)9月・12月・平成3年2月・筑摩書房刊、第一巻所収 軍 用 道 路 暗い郊外の野をつら…

現代詩の起源(20); 小野十三郎の詩(7) / 小野十三郎第1詩集『半分開いた窓』(大正15年)より「嵐の歌」「炎の歌」

[ 小野十三郎(1903-1996)、大正15年=1926年、第1詩集『半分開いた窓』刊行の頃、23歳。] 第1詩集『半分開いた窓』(私家版) 大正15年(1926年)11月3日・太平洋詩人協会刊 嵐 の 歌 小野十三郎 銛をうたれた鯨のやうに 真黒な雲が空を荒れ狂ふ グリリと出歯包…

現代詩の起源(20); 小野十三郎の詩(6) / 小野十三郎第1詩集『半分開いた窓』(大正15年)より「ロマンチシズムに」「虚無主義に」「思想に」

[ 小野十三郎(1903-1996)、大正15年=1926年、第1詩集『半分開いた窓』刊行の頃、23歳。] 第1詩集『半分開いた窓』(私家版) 大正15年(1926年)11月3日・太平洋詩人協会刊 ロ マ ン チ シ ズ ム に 僕は頭脳の中で 非常に無性格な一つの風景を想起する そこに…

現代詩の起源(20); 小野十三郎の詩(5) / 小野十三郎第1詩集『半分開いた窓』(大正15年)より「野鴨」「断崖」

[ 小野十三郎(1903-1996)、大正15年=1926年、第1詩集『半分開いた窓』刊行の頃、23歳。] 第1詩集『半分開いた窓』(私家版) 大正15年(1926年)11月3日・太平洋詩人協会刊 野 鴨 僕はあの蘆間から 水上の野鴨を覗ふ眼が好きだ きやつの眼が大好きだ 片方の眼を…